ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は2月5日、今年7月と2020年1月にそれぞれサポート終了を迎える「SQL Server 2008/2008 R2」と「Windows Server 2008/2008 R2」を利用中の企業に対し、既存サーバーをMicrosoft Azureに移行する「Cloud Migration Suite」の提供を4月に開始すると発表した。また、企業のクラウド活用を加速し、ビジネス成長と変革を支援するclouXionシリーズの新ラインアップに追加する。

 Cloud Migration Suiteは、SBTがこれまで行ってきたAzure移行支援で得たノウハウをもとに、移行時に必要なクラウド設計・構築を標準化し、セキュリティーを考慮したSBTのベストプラクティスを提供するもの。これにより、顧客は最低限の作業で短期間・低コストでクラウドへの移行が可能となる。

 サービスメニューは、既存環境をそのままAzureへ移行する「ツール移行サービス」と、サーバーOSをアップグレードして新たに環境を構築する「新規デプロイサービス」の2つの移行サービスに加え、Azureを利用するためのライセンスや監視サービスなどを一括で提供する。

 20台のサーバー環境を移行した場合の参考税別価格は、ツール移行サービスが初期費用560万円、新規デプロイサービスが初期費用500万円、監視サポートサービスが月額20万円、Azure利用料が従量課金。