マカフィー(山野修社長)とソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)は11月8日、クラウド環境でのセキュリティー・ソリューションの提供で協業すると発表した。

MSS for CASBについて

 今回の協業で、マカフィーが提供する「McAfee MVISION Cloud(旧:Skyhigh Security Cloud)」とSBTがもつMicrosoft Office 365の豊富な導入・運用実績から得た知見を組み合わせたOffice 365向けの推奨セキュリティーポリシーの提供や、マネージドセキュリティーサービス(MSS)との連携による強固な監視・運用体制を実現するMSS for CASBの提供を、SBTから年度内に開始する。

 SBTは、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するためのクラウド活用を推進しており、Office 365を始めとしたセキュリティー対策を含めた独自のクラウドソリューションなど多くの導入実績がある。これらの導入実績から得られたノウハウとMSSを始めとするセキュリティーサービスを提供してきた実績にMVISION Cloudを加えることで、Office 365をより安全に利用するための付加価値の高いサービスの提供が可能となる。

 具体的には、SBTの独自に策定したOffice 365向けの推奨セキュリティーポリシーテンプレートを提供し、また、顧客の社内環境に合わせたポリシーへのカスタマイズも行う。シャドーITで検出した高リスクのクラウドサービスのリスクを分析し、顧客の業務に合わせた継続的な抑制ポリシーの提案などのコンサルティングサービスを提供する。さらに、MVISION Cloudで検知したセキュリティーアラートに加え、他のMSSサービスも用いて複合的に脅威を分析する。