サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は、アイホン(市川周作社長)に、同社のクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」の導入が決定したと発表した。

 アイホンは、インターホン業界でトップシェアをもつ、住宅向けインターホン・ドアホンやオフィス・工場向け各種通話機器、医療・福祉施設向けナースコールなどの製造販売メーカー。同社ではこれまで、メールアーカイブ、スパム・暗号化対策を行ってきたが、複数企業のツールを利用していたため管理運用の負担が大きく、改善を必要としていた。そうした状況から、メールサーバーシステムのクラウド化への検討を開始した際に、1つの製品で、同等以上のセキュリティー環境を確保でき、移行の負担が低いサービスであることを条件として選定を進めたという。

 複数のサービスを比較検討した結果、CYBERMAILΣはメールもセキュリティーもアーカイブもオールインワンで備わっている一体型サービスであり、既存環境と同等以上のスパム・ウイルス対策機能が実装されている点を評価し、採用を決定した。

 アイホンではメールサーバー、アンチスパム、メールアーカイブ、メール暗号化や監査などの情報漏えい対策の機能を1つで完結できる理想のクラウドメール環境の実現により、さらなる業務効率化と管理工数の削減につながると見込んでいる。