ラックとNECアジアパシフィックは3月18日、APAC地域のサイバーセキュリティー分野で協業することに合意したと発表した。セキュリティーの専門家不足と、拡大を続ける脅威の両面で支援することが狙い。

 NECアジアパシフィックの実績やノウハウと、ラックのセキュリティー技術を結集し、両社は2019年末までに中堅・中小企業を対象とした高度セキュリティー監視サービスを提供する。組織内のサイバーセキュリティー対策に対する意識向上を目的に、ハンズオンを中心としたトレーニングサービスも提供する。

 高度セキュリティー監視サービスは、クラウドを活用し、高品質ながら低価格なのが特徴。トレーニングサービスでは、マルウェア解析やインシデントレスポンス、不正アクセス分析、デジタルフォレンジック、脆弱性診断を行う高度な技術者育成まで、体系的なプログラムを実施する。

 また、ラックは、日本で24年間かけて培った知見とセキュリティーオペレーションセンター運用ノウハウを生かし、NECアジアパシフィックが運用するセキュリティーオペレーションセンターの対処能力を向上させ、APAC地域で包括的なインシデントレスポンスサービスを提供できるように支援する。