NECは3月22日、Software-Defined Wide Area Network(SD-WAN)の実証実験をマレーシアで実施し、成功したと発表した。既存のネットワーク機器を活用しながらSD-WANを容易に構築できることを実証したことが成果の一つで、NECは今後、各国でのSD-WANの認知拡大やSD-WAN関連事業の拡大を目指す。

 実証実験は、NECとNECマレーシア、マレーシアのクアラルンプール大学の3者が2018年9月から実施してきた。クアラルンプール大が運用するWANと同じ機器構成の実証環境を構築し、その中にNECのSD-WANセキュリティー共通基盤を導入した。構築の容易性のほか、SD-WANの特徴である通信トラフィックの可視化やアプリケーションにあわせた通信経路の最適化、多拠点に分散する機器のセキュリティー設定の一斉変更などが実現できることも確認した。

 SD-WANセキュリティー共通基盤には、オープンオーケストレーションフレームワーク(OpenMSA)を活用した。システムは、既存のネットワーク環境に大きな変更を加えることなく導入可能なため、ユーザーはSD-WAN構築時の初期投資を抑えられる。NECは、グローバルでシステムの拡販を計画している。

 実験の成功を受けクアラルンプール大は、ネットワーク技術者を目指す学生の育成と、SD-WANを含む最新のネットワーク技術の研究を推進する施設として、大学内に「UniKL-NEC SDx Centre of Excellence」を開設することを決定した。NECマレーシアは、同施設での実習・演習用の設備として、SD-WANセキュリティー共通基盤の核となるOpenMSAを提供する。

 SD-WANは、広域網を構成するネットワーク機器やセキュリティーの集中制御により、柔軟で効率的なネットワーク運用やサイバー攻撃などへの対応力向上を実現することが期待されている。