オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、「給与奉行クラウド API version」を5月10日に発売した。

「給与奉行クラウド&ShiftMAX連携」のイメージ

 奉行クラウド API versionは、奉行クラウドのコンセプトである“つながる・ひろがる”を具体的に実現するためAPIを利用し、さまざまなシステムとつながることを可能にした。中堅・中小企業が簡単・効果的に業務の自動化を実現し、従来の基幹業務システムでは対応しきれなかった、周辺業務システムの自動連携ニーズを満たすことができる。

 今回、勘定奉行クラウド API versionに続き、給与奉行クラウド API versionを発売し、今後も数十万社を超えるユーザー企業が、必要な範囲で業務データを簡単に連携できる効率的なAPI連携により、業務生産性の向上を支援していく。また、AIやRPAといった新しいクラウドサービスとの連携も進めており、先進的なテクノロジーを比較的容易に多くの中堅・中小企業が活用できるようにすることで、将来の業務を変えていくサービスを目指す。

 給与奉行クラウド API versionの第一弾として、ハイブリッド型のシフト&勤怠システム「ShiftMAX」との連携を発表した。KYODOUが発売するShiftMAXは、セミオーダー感覚で柔軟にアレンジできるクラウド型勤怠管理システム。Excelを使った簡単操作で、シフト作成、ワークフロー申請・承認、プロジェクト管理もリアルタイムに集計でき、勤怠管理や集計にかかっていた手間を大幅に効率化できる。今回の連携では、給与奉行クラウドの社員情報をShiftMAXが取得し、ShiftMAXの勤怠情報を給与奉行クラウドの勤怠項目へ書き込みを行う。これにより、シフト・勤怠管理を行うShiftMAXと社員情報や勤怠情報を完全連携し、入社や異動時の社員情報の登録や月次の給与処理時に勤怠データを入力する業務をなくすことができる。

 税別価格は、給与奉行クラウド i Aシステム API version 1ライセンスの場合、年額10万5600円から。