ディー・ディー・エス(DDS、久保統義社長)は5月27日、Dropbox Japan(五十嵐光喜社長)が提供する法人向けコラボレーションプラットフォーム「Dropbox Business」と次世代オンライン認証規格FIDO(Fast IDentity Online)に対応したクラウド本人認証「マガタマサービス」を連携し、Dropbox Businessの利用をシンプルな認証で安全に使えるよう両社でサポートしていくと発表した。

マガタマサービスとDropbox連携イメージ

 マガタマサービスは、FIDO認証によりパスワードを使用せず利用者本人であることを確認することで、パスワードの漏えいリスクを最小限に抑えることができる。また、さまざまなオンラインサービスへの認証を一元管理することでシングルサインオンを可能としており、安全性と利便性の向上を同時に実現することで、クラウドサービス利用の課題を解決する。

 マガタマサービスとDropbox Businessの連携により、スマートフォンやタブレット上で指紋認証を行うだけで安全にDropbox Businessにログインできるようになり、利用者の柔軟な働き方をサポートする。働き方改革で従業員一人一人の生産性向上がさらに求められるなか、導入企業のワークスタイル改革への取り組みをサポートしていく。