大塚商会(大塚裕司社長)は6月6日、無線LANのセキュリティ監視(SOC)と障害の予兆を察知して通知する性能監視を行う「たよれーる らくらくWi-Fi for Aruba」を6月10日から販売すると発表した。

 同社は、企業の無線LANの設定変更業務、故障時の機器交換オンサイト保守まですべてを代行する「たよれーる らくらくWi-Fi」を2014年から提供している。今回のたよれーる らくらくWi-Fi for Arubaは、無線AP機器として日本国内でもシェアの高い米Aruba,a Hewlett Packard Enterprise company(Aruba)のAP機器とクラウド管理ソリューションを利用して監視サービスを提供するもの。

 同サービスで提供するSOCでは、Arubaの無線AP機器をクラウド上で一元管理する「Aruba Central」と大塚商会のログ分析システムの仕組みにより、無線LANの不正利用の疑いや障害の予兆を検知すると、その内容と対応策を顧客に通知する。導入企業では、先回りの対応が可能となりセキュリティリスク・運用面のリスクを軽減することができる。さらに、遠隔操作による設定変更なども可能なため、ユーザーアカウントの管理など顧客にとって手間のかかる作業を代行する。これにより、専任の管理者がいなくても安全で快適な無線LANシステムを構築でき、安心・快適な無線LAN環境を利用できる。

 価格は、ギガエントリーモデル(Arubaアクセスポイント1台)の場合、月額利用料が3600円、本体機器価格が4万8000円、設置・設定に係わる初期費用が7万円。20年12月までに2200セットの販売を目標としている。