都築電気(江森勲社長)は6月26日、9月14日から15日に開催される東日本大震災復興支援サイクルイベント「ツール・ド・東北2019」の趣旨に賛同し、協賛を行うと発表した。同社は社会課題解決を支える企業として、2014年から協賛を継続している。

「ツール・ド・東北」は、河北新報社とヤフーが東日本大震災の復興支援と、震災の記憶を未来に残していくことを目的に、13年から開催しているサイクルイベント。東北の復興を長きにわたって支えていくため、10年程度継続して開催することを一つの目標として掲げており、今年で第7回を迎える。ツール・ド・東北からの収益の一部は「ツール・ド・東北基金」として積み立てられ、自転車を活用した被災地の観光振興や、東日本大震災の被災地域の復興や風化を防ぐ活動への助成金としての使用が予定されている。