Dynabook(覚道清文社長兼CEO)は、ビジネス現場での多様なニーズに対応して法人向けモバイルノートPCのラインアップを強化し、より柔軟で効率の良い業務改善を実現できる「働き方改革推進モデル」として、13.3型ビジネスモバイルPC「dynabook S73」の受注を7月8日に開始した。

dynabook S73

 dynabook S73は、省電力性に優れたCPUを採用し、約19時間の長時間バッテリー駆動を実現。長年培った高密度実装技術を駆使することで、小型ボディでも十分な容量のバッテリーLを搭載したモデルを用意している。また、より軽量なバッテリーSを搭載したモデルもニーズに合わせて選択できる。さらに、バッテリー性能では「お急ぎ30分チャージ」機能により、30分の充電で約8時間のバッテリー駆動が可能で、外出前のわずかな時間でサッと充電して出かけることができる。

 セキュリティ性能では、顔を向けるだけでロック画面が解除できる赤外線顔認証が選択可能で、独自に開発した顔認証センサーで高い認識率を実現する。また、指先でタッチするだけで簡単にサインインできる指紋認証も選択可能で、簡単で安全な個人認証でセキュリティ性能を強化することができる。

 このほか、操作性と見やすさを高めた新設計キーボードを搭載した。キーピッチ19mmのキーボードに従来機種よりも一回り大きい16mm×15mmのキーキャップを組み合わせることで、操作性を向上している。また、キートップ中央に文字を配置し、文字色のコントラストを改善することで見やすさを高め、指先にフィットするキートップのへこみとあいまって、快適な打ち心地を実現した。さらに、ディスプレイには、FHDタッチパネル液晶に加え、鮮やかで豊かな色彩表現と高い省エネ性を実現するシャープ製13.3型FHD・IGZO液晶ディスプレイ搭載モデルも用意している。

 なお、dynabook S73に加え、最新のWindows 10を適用し、その先進機能に親和性の高い第8世代、第7世代インテルCoreプロセッサを搭載したラインアップをあわせて発売する。タブレットとしても活用できる13.3型/12.5型のビジネス2in1 PCから、13.3型のビジネスモバイルPCや15.6型のビジネスノートPCまで豊富に取り揃え、ビジネスの現場での顧客の多様なニーズに対応する。