FPTジャパンホールディングス(FPTジャパン、グェン・ヴェット・ヴォン社長)は7月18日、エル・ティー・エス(LTS、樺島弘明社長)と合弁会社「FPTコンサルティングジャパン株式会社」(グェン・フゥ・ロン社長)を7月25日に設立すると発表した。

 昨今、デジタルトランスフォーメーションによる市場の創造・変革は、事業領域への先見性と高度なテクノロジーをもつ一部の企業によって実現されている。事業サイドの戦略立案やプロセス構築とそれを実現する基盤となるテクノロジーの実証・開発は、段階的に進める従来のスタイルから、同時並行で試行・拡大していく「ビジネスとテクノロジーの融合」モデルに変化している。

 こうした状況を踏まえ、今回、多岐にわたるテクノロジー導入や製造工程のデジタル化などの豊富な実績を保有するFPTジャパンと、事業戦略策定やプロセス再構築などを展開するLTSの強みを組み合わせることで、さらに多くの顧客に向けたデジタルトランスフォーメーション推進の実現を目指すことで合意した。