VAIO(吉田秀俊社長)とエス・アンド・アイ(藤田和夫社長、S&I)は7月23日、VAIOの法人向けPCに起動OSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを搭載したシンクライアント端末「ThinBoot ZERO Type V」の販売を開始すると発表した。

 ThinBoot ZEROは、2011年からS&Iが提供するシンクライアント端末。これまでに、レノボ・ジャパンとデルが提供する端末、そして、日本マイクロソフトが提供するSurfaceシリーズをベースにしたシンクライアント端末として、6万台以上の導入実績がある。Windows 10 IoT Embeddedを搭載したThinBoot ZEROは、独自OSが搭載された専用端末に比べ柔軟なカスタマイズが可能。また、持ち運びに便利な2-in-1タイプやB5ノートタイプから、A4ノートタイプ、コンパクトデスクトップタイプまで、働き方に応じて選べる豊富なラインアップを揃えている。
 
ThinBoot ZERO Type V

 今回、ThinBoot ZEROのラインアップに新たに追加されるType Vのベースモデルは、持ち運びやすさと実用性を兼ね備えた13.3型ワイドサイズで、重さは1.06kgと軽量の「VAIO Pro PG」。同モデルは、長野県安曇野市にあるVAIOの本社工場で組み立てが行われており、埃試験や落下試験、振動試験など、あらゆる利用シーンを想定した数十項目におよぶ厳しい試験をクリアしたメイド・イン・ジャパンモデルとなっている。

 また、VAIO Pro PGを含む全てのVAIO PCは、出荷前に専門の技術者が約50のチェック項目を検査することで、法人顧客でも安心して使用できる高い品質を実現している。加えて、VAIOはシンクライアントをはじめとした特定用途向けPC導入の支援から、使用されなくなったパソコンの買い取りまで、PCライフサイクルに付随する多くの業務負担をワンストップで軽減するため、万全のサポート体制を築いている。

 一方、S&Iは、仮想化黎明期の00年代初頭から積極的にサーバー仮想化に取り組み、企業のインフラ構築やシンクライアント環境の構築で多くの経験と技術を培ってきた。今回の協業により、VAIO端末がもつ高い品質はそのままに、Embedded OS(組み込みOS)の特性を熟知した技術者が、顧客の要望に応じて起動時の初期設定やEmbedded OSのカスタマイズ設定、デスクトップ画面のカスタマイズなど柔軟に対応する。

 価格はオープン。今後、VAIOとS&Iは、ハイパフォーマンスで必要十分なインターフェースを装備し、モバイルワークに最適なVAIOの端末と、その設定からシンクライアント環境の構築までトータルで提供できる体制の実現により、企業の働き方改革を強力にサポートしていく方針。