KDDIは、第5世代移動通信システム(5G)と高精細動画像、AIを組み合わせた法人向け5G対応ソリューションを2020年3月から順次提供する。なお、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を通じた5Gトライアル環境の提供は19年11月に開始する。


 約20年前からIoT事業に取り組んできたKDDIは、法人顧客に最適なデバイス、ネットワーク、クラウド(蓄積・分析)をワンストップで提供する仕組みも兼ね備えている。5Gに関しても、IoT事業で培った知見を顧客資産に組み込むことで、無駄を省いた効率的なシステムと保守・運用体制を構築。AIやビッグデータなど先端技術と5Gによって、顧客のビジネスの高度化をサポートする。

 20年3月から提供するのは、「AIカメラ」「Intelligent Display」「3Dホログラム」の三つのソリューション。AIカメラは、高精細カメラと画像解析エンジンによって分析を行うソリューションで、ビジネススケールの拡大、安心・安全の向上、業務効率化に適している。主に、小売業界、飲食業界、鉄道業界、航空業界向けに提案・提供する。提供価格はクラウドサーバーの月額利用料が1台当たり4万円、カメラの月額料金が1台当たり1万6000円から。

 Intelligent Displayは、高精細カメラやセンサーと連携し、来場者の属性にあわせたコンテンツ配信が可能になるソリューション。ローカル環境に設置していたサーバーをクラウド環境に移行することで、コンテンツの即時更新や導入コスト削減など業務を効率化できる。また、属性解析を行うことで、One to Oneマーケティングが可能になる。主に商業施設や公共施設、イベント会場の電子案内板や広告表示として提案していく。月額料金は、ディスプレイ1台当たり4万9000円から。

 3Dホログラムは、ヘッドマウントディスプレイなどを装着することなく、裸眼で3Dコンテンツを立体的に視聴できるソリューション。専用ディスプレイに加えて、センサー連携によるインタラクティブなコンテンツ生成の実現、3DCGコンテンツの制作など、ワンストップで提供する。遅延が少ない操作性と触感も加えた新しい「Natural User Interface」によって、新たな訴求方法やコンテンツの利用が可能。主に、小売業界における商品展示や、美術館・博物館における展示物の360度視聴や受付業務に適している。月額料金は、1台当たり7万7000円から。

 KDDIは今後も、先端技術と5Gを組み合わせたサービスを拡充し、順次提供していく。