NTTファイナンス(坂井義清社長)とミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は9月3日、双方の取引先である中堅・中小企業の顧客の生産性向上に資するサービス提供で協業すると発表した。


 少子高齢化の進展に伴い、生産年齢人口が減少するなか労働力の確保は企業にとって深刻な問題となっている。特に中小企業では、その65%が人手不足であると回答している調査結果があり、事業活動を維持するために「既存業務の効率化」が喫緊の課題となっている。そうした中で今回、財務や経理のバックオフィス業務(経費支払、仕訳処理など)では、デジタル化の促進やAIなどの導入による業務効率化の余地があることから、両社の強みを生かし協業することにした。

 具体的には、中堅・中小企業の経理担当者の業務効率化と品質向上を支援していくため、NTTファイナンスの法人向け一括請求サービス「ビリングONE」と、MJSのERPシステム「MJSLINK NX-Plus」「Galileopt NX-Plus」のデータ連携を行う。また、NTTファイナンス、MJS双方の営業連携を図り、より多くの顧客に業務効率化を実現するサービスを提供していく。