オムロン(山田義仁社長)、NTTドコモ(吉澤和弘社長)、ノキアソリューションズ&ネットワークス(ジョン・ハリントン社長)の3社は9月10日、工場などの製造現場で第5世代移動通信方式(5G)を活用した共同実証実験を実施することで合意した。

ドコモ、オムロン、ノキアの3社で製造現場の5G活用に取り組む

 製造業では、多品種少量生産や熟練工不足、人材不足といった課題を抱えている。多品種少量生産では、製造現場で生産する品目が変わるたびに生産ラインの組み換えが必要だが、従来通りの有線ネットワークでは生産ラインの変更が難しいという課題がある。

 人材面では、熟練工が不足し、作業者の生産性の向上と早期育成の必要が高まっている。これを支援するため、製造設備のデータや作業者の作業動線や動きを撮影した映像データなどを収集し、AIで解析して作業者にフィードバックする作業支援ソリューションなどがあるが、導入のためには大量のセンサーが必要になり、またセンサーや映像データを転送するネットワーク面に課題があった。

 そこで3社が連携し、さまざまな機器から発信されるノイズの影響がある製造現場で、5G実用化に向けた検証を実施する。
 
オムロンの草津工場の概要

 具体的には、オムロンの草津工場(滋賀県草津市)を実証実験のフィールドとし、ドコモは工場内の機器が発するノイズが5G通信にどう影響を与えるかを調べ、ノキアは基地局を提供し、遅延や位置情報の改善などにつなげる考えだ。

 実証実験を通して、生産設備を無線ネットワーク化し、オムロンの自動搬送ロボットを組み合わせることで工程ごとに切り離したレイアウトフリーな生産ライン「レイアウトフリー生産ライン」と、作業現場に設置したセンサーやカメラの映像をAIで解析し、作業手順を改良する方法を提案する「AI/IoTによるリアルタイムコーチング」の実現を目指す。