ニュース

京都・龍谷大学とNTT西日本、ICT連携協定を結び地域活性化に取り組む

2019/10/31 21:00

 京都市伏見区の龍谷大学と西日本電信電話(NTT西日本)は、ICTを活用した連携協力に関する協定を10月29日に取り交わした。地域への貢献やさまざまな社会課題解決に向けて両者で取り組みを進めていく。

連携イメージ

 龍谷大学は2019年10月1日に大学としては全国で初めてNTT西日本が提供する「地域創生クラウド」を導入。高いセキュリティ環境下でデータを管理できるクラウドシステムを活用し、大学が保持する資源を地域社会に還元・普及する取り組みを進めてきた。

 一方、NTT西日本は、業務改革や学生サービスの向上による社会課題解決への取り組みを開始。こうした取り組みから両者は、ICTを活用し相互に連携しながら地域貢献事業の推進と社会課題解決に向けた取り組みを推進するため、連携協定を結んだ。

 両者は実践的研究、正課・課外活動、教育の分野でICTを活用し、地域への貢献、さまざまな社会課題解決に向けて取り組んでいく。
  • 1

関連記事

柏ITS推進協議会、点検保守も含めた自動運転バスの実証実験

川崎市と富士通ら、AIを活用した津波避難の実証実験を開始

東大発のAIベンチャー世界初の快挙、太陽光パネル亀裂検知AIを開発

NTT東日本と東大、ローカル5Gオープンラボを設立、ビジネス創出を目指す

八丈島の観光活性化のために、自動運転バス×地域交通のMaaS実験を実施

外部リンク

龍谷大学=https://www.ryukoku.ac.jp/

NTT西日本=https://www.ntt-west.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>