京都市伏見区の龍谷大学と西日本電信電話(NTT西日本)は、ICTを活用した連携協力に関する協定を10月29日に取り交わした。地域への貢献やさまざまな社会課題解決に向けて両者で取り組みを進めていく。

連携イメージ

 龍谷大学は2019年10月1日に大学としては全国で初めてNTT西日本が提供する「地域創生クラウド」を導入。高いセキュリティ環境下でデータを管理できるクラウドシステムを活用し、大学が保持する資源を地域社会に還元・普及する取り組みを進めてきた。

 一方、NTT西日本は、業務改革や学生サービスの向上による社会課題解決への取り組みを開始。こうした取り組みから両者は、ICTを活用し相互に連携しながら地域貢献事業の推進と社会課題解決に向けた取り組みを推進するため、連携協定を結んだ。

 両者は実践的研究、正課・課外活動、教育の分野でICTを活用し、地域への貢献、さまざまな社会課題解決に向けて取り組んでいく。