NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と、NTTドコモ、ミライト、富士通、長野京急カントリークラブ(長野京急CC)は、ゴルフ場経営改善の実現に向け、長野京急CCで5Gの実証実験を11月11日から15日まで共同で実施した。11月13日には端末の移動時における複数基地局、複数端末を接続した環境下で、平均1Gbpsを超える5Gを用いた映像伝送に成功した。


 今回の試験では、長野京急CCの1番ホールに28GHz帯の5G通信エリアを構築し、ゴルフプレイヤーのショット映像で弾道分析することで落下地点を予測し、その結果をプレーヤーのタブレットや次世代ディスプレイカードに「落下地点予測」を表示した。また、ティーショットの映像を4K360度カメラで撮影し、高精細な映像を5G端末などにライブ配信する「ライブ映像伝送」の試験も実施した。
 
4K360度カメラで撮影した映像のパノラマビュー画面

 複数基地局設置、複数端末を接続した環境で5G端末を搭載した次世代ディスプレイカートを移動させる中で平均1Gbpsを超える通信に成功したほか、ボールの落下地点を利用者にスムーズに示し、他のコンペメンバーともリアルタイムに互いのプレー状況が確認できるなど、新たな体験を提供した。
 
実証実験の概要

 実証実験を通して、ゴルフ場でのプレーと最先端のICTである5Gを融合させることで、ゴルフ場の経営改善課題であるプレー回転率やユーザビリティの向上を解決し、利用者の満足度向上や利用機会の創出を目指す。さらに、今までにないエンターテインメント体験を得られることで、県内外からの利用者の増加など、地方創生に貢献する。

 なお、実証実験はNTT Comが実施主体となり、総務省から請け負った令和元年度5G総合実証試験「移動時において複数基地局、複数端末の環境下で平均1Gpbsを超える高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」として実施した。