楽天モバイル(山田善久社長)とNHKテクノロジーズ(大橋一三社長)は、共同で5Gのネットワークを活用した8Kライブ映像のストリーミング配信を行う実証実験を11月12日に実施した。クラウド映像配信サーバーへのコンテンツのアップロードとダウンロード双方の5G伝送に、楽天モバイルとして初めて成功した。
 

8Kライブ配信のシステム構成

 実験では、NHKテクノロジーズが東京都内にある施設の屋上から市街を撮影した8Kライブ映像を、楽天モバイルの5GネットワークとNHKテクノロジーズの8Kクラウド配信システムを活用し、ストリーミング配信を行った。クラウド映像配信サーバーへのコンテンツのアップロード/ダウンロード双方に、5G伝送を使用し、また大容量データを伝送するために通常使用する専用回線ではなく、VPNを用いない公衆インターネット回線を使用した点が特徴だ。なお、映像配信サーバーへのコンテンツのアップロードにNEC製の5G基地局(超多素子アンテナ搭載)を、ダウンロードにノキアソリューションズ&ネットワークスの5G基地局と5G CPEを採用した。
 
屋上のカメラで8K映像を撮影
 
8Kクラウド配信システムを活用して配信

 楽天モバイルが構築している世界初の完全仮想化クラウドネイティブネットワークは、用途に応じたエンドツーエンドのネットワークスライシングを可能とするため、映像配信業界の5Gネットワークの活用と視聴者へのサービス向上に期待が寄せられている。

 楽天モバイルとNHKテクノロジーズは今回の実験を機に、映像配信分野における5Gネットワークを活用したサービスの実用化に向けて取り組みを強化していく。