日本ヒューレット・パッカード(日本HPE、ジャスティン・ホタード社長執行役員)は、通信事業者や製造業向けに5Gがもたらす超大容量データをリアルタイムで処理できる高性能サーバー「HPE Edgeline EL8000 Converged Edge System」を開発し、提供を開始した。

HPE Edgeline EL8000 Converged Edge System

 エッジにおける5G、MECのNFV基盤に適しており、マルチメディア配信、コネクテッドモビリティ、スマートシティを実現するための、IoT、AI、動画解析など、大容量データをエッジにて低遅延で処理するニーズにも適している。

 最大24コアのインテル Xeon プロセッサーを4基搭載し、通信機器向けの規格であるNEBS Level 3に準拠する高温での動作、耐振動・耐衝撃性に加え、先進のセキュリティ・遠隔管理性を備える。5G/MECやプライベート LTE/ローカル5Gサービスを提供するプラットフォームとして開発され、海外では通信機器ベンダーとのコラボレーションも進んでいるという。

 すでに販売中のHPE Edgeline Converged Edge System各機種は、製造業をはじめとする幅広い業種で利用されており、今回の「HPE Edgeline EL8000」を追加することでさらに導入の加速が期待できるという。税別の希望小売価格は214万7000円から。