日本ヒューレット・パッカード エンタープライズ(日本HPE、ジャスティン・ホタード社長)は10月23日、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureで実行できる従量課金制のクラウドストレージサービス「HPE Cloud Volumes」の提供を11月1日に開始すると発表した。料金は6万円からで、ストレージ容量や性能に応じて課金される。

HPE Cloud Volumes の管理画面

 日本HPEは、これまでもクラウドネイティブ用に再設計することなく、従来型のエンタープライズアプリケーションやビジネスアプリケーションを実行できるクラウド対応のストレージソリューションを提供している。

 HPE Cloud Volumesサービスは、独自のフラッシュストレージ技術を使用してホストや管理を行う従量課金モデル。エンタープライズハイブリッドクラウド向けに設計し、データベースなど既存のエンタープライズアプリケーションから任意のワークロードを実行したり移動したりと、オンプレミスやパブリッククラウドの間でデータを簡単にバックアップできる。AWSやAzureのクラウドストレージと同様に簡単な操作で使用できる点も特徴だ。

 HPE Cloud Volumesにログイン後、必要なストレージ容量(GB)、性能(IOPS)、オプション機能を指定し、接続するAWSまたはAzureインスタンスを選択するだけで、クラウドストレージを簡単に構築できる。

 フェイルオーバーとフェイルバックの機能を使用することで、手動に頼らず、オンプレミスからクラウドに、またはクラウドからオンプレミスに、データを簡単に移行できる。このほか、DockerやKubernetesといった主要コンテナプラットフォームに対応し、ハイブリッドクラウドアプリケーションの移行と有効化が簡単に行える。