デンソー(有馬浩二社長)とNTTコミュニケ―ションズ(NTT Com、庄司哲也社長)は12月16日、これまで両社で開発してきた車両をセキュリティ面で見守る「車両向けセキュリティオペレーションセンター」を実現する技術(車両SOC技術)の実用化を目指し、実験環境での車両SOC技術の検証を20年1月に開始すると発表した。

 デンソーとNTT Comでは、車両に搭載されたセキュリティ機能からの出力データを解析することで、サイバー攻撃を検知し、その影響範囲を特定する車両SOC技術を17年から開発してきた。この車両SOC技術により、サイバー攻撃の種類や状況に応じた適切な対応を支援し、コネクティッドカーの安全性・可用性の向上、迅速なセキュリティ対策の実現を目指している。
 
 
 今回、両社は、これまで開発してきた車両SOC技術の実用化に向け、実験環境での技術検証を開始する。実験車に多種多様なサイバー攻撃を実施し、実験用車両SOCによるサイバー攻撃の検知や影響範囲の分析など、さまざまな事象への対応シミュレーションを繰り返すことで、さらなる技術向上を図る。

 この技術検証でデンソーは、同社が保有する車載システム、車両サイバーセキュリティ、コネクティッドカー、MaaS開発などで培った情報セキュリティ・通信・データ解析などに関する技術を担当する。NTT Comは、同社が保有するネットワーク、クラウド、マネージドセキュリティ(ITセキュリティオペレーションセンターなど)に関する技術を担当する。さらに、NTTセキュリティの分析技術、NTTセキュアプラットフォーム研究所の研究成果など、NTTグループの最新のセキュリティ技術も最大限に活用する。

 今後、両社は車両SOC技術の技術検証を通じて技術開発を加速し、より安心・安全なモビリティ社会の実現に貢献することを目指す。