楽天(三木谷浩史会長兼社長)は、レストランやカフェ、小売店など実店舗をもつ事業者を対象に、楽天IDで利用できる事前注文・決済サービスを自社のサイトやスマートフォンアプリ上で簡単に構築できるITソリューション「Rakuten Ready」の提供を12月20日に開始した。

Rakuten Readyロゴマーク

 事業者は、Rakuten Readyを導入することで、高いコストを要する自社でのシステム開発を行うことなく、顧客が事前にサイトやスマートフォンアプリで注文・決済し、実店舗で商品を待ち時間なくスムーズに受け取ることができる事前注文・決済サービスを構築することが可能となる。また、顧客が事前注文・決済時に楽天IDを使ったキャッシュレス決済を利用可能にするとともに、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできる。さらに、1億以上の楽天会員に対して、ポイントを活用したキャンペーンなど新たなマーケティング施策を柔軟に実施できるようになる。
 
スマホでの利用イメージ

 また楽天は、Rakuten Readyのオプションとして、スマートフォンアプリへの導入の場合には、あらかじめ同意を得たうえで顧客の位置情報から到着時刻を予測して店舗に通知する機能も提供する。事前注文・決済サービスを提供する事業者は、同機能を導入することで、店舗運営を効率化するとともに、よりスムーズな受け取りサービスを顧客に提供できるようになる。