ニュース

楽天モバイル、全国の基地局から4G電波の発射が可能に

2019/10/02 11:00

 楽天モバイル(山田善久社長)は、全国の総合通信局などから1.7GHz帯を用いる第4世代移動通信システム(4G)の特定無線局の包括免許の取得を完了した。

 今年1月に関東・東海・近畿地方の各総合通信局から包括免許を取得して以降、北海道・東北・信越・北陸・中国・四国・九州・沖縄地方でも免許を申請し、9月に取得が完了した。これにより、国内全域で基地局からの電波の発射が可能となった。
 
各総合通信局等からの包括免許交付日

 楽天モバイルは10月1日から移動体通信事業者としてサービスを開始しており、今後も全国各地で基地局の開設を進め、快適な通信環境の構築に注力する。
  • 1

関連記事

楽天モバイル、10月の本格スタートは見送り、「革新的だからこそ万全を期す」

実現まで秒読みの完全仮想化ネットワーク 柔軟なアーキテクチャーで無線通信を価格破壊――楽天

楽天の基盤を支える新FPGA 200Gbpsの高速通信を汎用サーバーでも――インテル

レッドハット、楽天のモバイル網にOpenStackを提供

MWC 2019で楽天・三木谷社長、完全仮想化基地局は「携帯業界のアポロ計画」

外部リンク

楽天モバイル=https://mobile.rakuten.co.jp/corporate/

おすすめ記事