ブルーイノベーション(熊田貴之社長)と京セラ(谷本秀夫社長)は1月9日、ドローン分野での新たなソリューションとして、ドローンを利用した「移動通信中継局」を共同開発することに合意したと発表した。

移動通信中継局搭載ドローン

 移動通信中継局は、災害現場などの携帯電話の電波が届かないエリアで、通信中継局機能をもつ複数のドローンを飛行させることで、平常時と同じように携帯電話での通信を可能にするもの。ドローン内の通信ユニットが通信エリアを判断し、自動で通信網を形成することができる。

 ブルーイノベーションが提供している複数のドローン・ロボットを遠隔で制御し統合管理を可能にするBlue Earth Platform(BEP)などのシステム・プラットフォーム技術と、京セラが通信機器事業で培ってきた無線通信技術を融合し、共同開発を行う。

 今後、LTE網や5G網での通信環境の構築実証を重ね、法令改正状況にあわせ、21年度中の商用化を目指し、開発を進めていく計画。