凸版印刷(麿秀晴社長)は3月16日、新型コロナウイルスによる社内外への感染拡大抑止と従業員の安全確保のため、4月1日に予定していたグループ入社式を中止すると発表した。また、新入社員研修についても実施形態を見直し、在宅によるオンライン研修とする。

新入社員研修のイメージ

 凸版印刷では、同社とグループ会社の20年度定期大卒新入社員(約420人)に対して、教育ラーニングプラットフォームを活用した在宅オンライン型研修を実施する。従来の集合研修で蓄積したテキストをオンライン上で動画などを用いて学習できるとともに、在宅での研修でありながら同期社員のネットワーク構築のためにグループごとにトレーナーを配置し、集合研修さながらのコミュニケーションを促進するプログラムを行う。

 あわせて、自宅での座学が続く新入社員に対して、コンディショニングに関するプログラム(セミナー)とツール(アプリ)も揃え、新型コロナウイルス対策も含め良好なコンディション維持・管理のための教育も実施する。在宅オンライン型研修の実施期間は4月1日から4月17日まで。

 同社は、今回の教育ラーニングプラットフォームを、まずは新入社員向けに試験導入し、その実証結果を基に、得意先企業、団体に対しての外販を予定している。