凸版印刷(金子眞吾社長)と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)は、スマートフォンを活用したQRコード・バーコード決済サービスを小売店舗のPOSレジで同時に複数利用を可能にする、決済情報中継サービス「スイッチングゲートウェイ」の本格的な提供を10月25日に開始した。なお、同サービスは、先行して2018年春から阪急阪神百貨店をはじめ、百貨店、ドラッグストアなどの一部店舗で採用されている。

「スイッチングゲートウェイ」の概念図

 スイッチングゲートウェイは、中国で普及し、訪日観光客にも需要の多いAlipay、Wechat Pay、国内のQRコード・バーコード決済サービスを店舗のPOSレジシステムとゲートウェイとして結び、POSレジへの複数導入を短期間、低コストで可能にするもの。凸版印刷と富士通FIPが共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」のシステム基盤を活用して、店舗のPOSレジのシステムと接続することで決済情報(決済電文)を安全に中継する。

 スイッチングゲートウェイと接続することで、仕様が統一されていない複数の決済情報(決済電文)に対して、決済処理や店頭オペレーションを統一することが可能。これにより、QRコード・バーコード決済導入でのシステム改修のコストや導入期間の短縮を実現する。

 凸版印刷と富士通FIPは、キャッシュレス社会の実現に向けた取り組みの一環として、同サービスを通じた店頭でのQRコード・バーコード決済の普及に努め、20年度までに 50社の導入を目指す。さらに今後も両社は、スイッチングゲートウェイが利用可能な決済サービスの拡充に進めるとともに、サービスの機能強化を図り、より利便性の高いサービス提供を目指していく考え。