NEC(新野隆社長)は3月25日、シャープ(戴正呉会長兼社長)とディスプレイ機器を中心とした映像ソリューション事業を担うNECディスプレイソリューションズ(中谷久嗣社長)を合弁会社化することに合意したと発表した。具体的には、NECディスプレイソリューションズの株式のうち66%分をシャープに譲渡し、NECの保有分は34%となる。譲渡時期は7月1日を予定している。


 NECディスプレイソリューションズが提供する鮮明で高品質な液晶ディスプレイやビジネスプロジェクター、デジタルシネマは、世界120を超える国と地域で多数の顧客から高い信頼と評価を得ている。一方、シャープは、液晶ディスプレイ、電子黒板、ビジネスプロジェクター、8K関連商品などを提供し、国内市場で強みをもっている。

 NECでは今回、ICTを活用して社会インフラを高度化する社会ソリューション事業に注力するなかで、映像ソリューション事業については国内外の市場で相互補完関係にあり、また8Kをはじめとする先進技術を保有するシャープとの合弁会社化を通じて新規領域の事業拡大やスケールメリットなどのシナジー創出を図り、中長期的な事業成長、収益体質の改善を目指すことが望ましいと判断した。

 なお、合弁会社ではNECブランドの製品を引き続き提供する。NECは、合弁会社と密に連携し、同社製品をグローバルに販売していく方針。