NEC(新野隆社長)は3月17日、グループ会社であるNECプラットフォームズ(福田公彦社長)の工場の生産効率化に向けて量子コンピューターの適用技術であるシミュレーテッド・アニーリングマシンを活用したシステムを3月に導入すると発表した。

NECの「量子コンピューティングへの取り組み」Webページ

 具体的には、SMT(Surface mount technology:電子部品の基板表面実装)装置を用いた生産の計画立案にシミュレーテッド・アニーリングマシンを活用して、最も効率的で無駄のない製品製造プロセスを算出し、計画内容に反映していく。

 NECは、同様の実証実験を19年9月-20年2月に行い、従来は熟練の作業者が数十分かけて決めていた生産計画と同等以上の計画を数秒で求めることに成功した。これにより属人的だったスキルをシステム化し、人材不足やスキル継承などの課題解決を支援する。

 今回導入したシミュレーテッド・アニーリングマシンにはベクトル技術を活用。一般的に規模が大きくなりがちな最適化問題を的確に分割したり、分割した最適化問題を効率よく解いたり、最終的に現場の状況に調整したりする部分で、従来のアルゴリズムとアニーリング手法を複雑に組み合わせたアルゴリズムを新たに開発して実現した。

 今後、NECでは量子コンピューティング技術の適用検証をものづくり領域全般に拡大し、スマートファクトリーの実現を加速していく方針。