大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は4月1日、JTB(高橋広行社長)のグループ会社で観光関連の販促事業を行うJTBプランニングネットワーク(柳井健社長)の株式の95%を取得して3月31日に子会社化し、同時に社名を「株式会社DNPプランニングネットワーク」に変更したと発表した。

DNPプランニングネットワークのWebサイト

 DNPは、旅行・観光関係の市場拡大を見込んでおり、イベントや展示会の会場の設営や運営、電子ペーパーを使ったポスターやデジタルサイネージの設置やコンテンツ配信、来場者への広告・販促などのコミュニケーション活動のほか、デジタルマーケティングなどのソリューションの提供を通じて、観光事業者や自治体などを支援している。また、事業の成長領域の一つに「知とコミュニケーション」を掲げ、社内外のパートナーとともに、生活者や企業の期待に応え、社会課題を解決する新しい価値の創出を目指している。

 一方、JTBプランニングネットワークは、国内の旅行業界最大手のJTBグループの企業として、旅行・観光分野の高い専門知識とネットワークを強みに、旅行パンフレットなどの広告・販促物の制作、キャンペーンやイベントの企画・運営などの総合販促事業を展開してきた。

 今回、DNPではJTBプランニングネットワークをDNPプランニングネットワークとしてグループに加えることで、同社の強みやノウハウを活用し、高い相乗効果を発揮して旅行・観光事業の拡大を目指す。

 今後、DNPは、旅行・観光業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を支援し、業務品質の向上や情報発信などの分野で新しい価値を創出していく。また、大型国際イベントなどでの空間デザインや運営、地域創生の取り組みなども積極的に推進し、事業拡大を図っていく方針。