バリオセキュア(稲見吉彦社長)は、USEN-NEXT GROUPのUSEN ICT Solutions(青柳陽一社長)に対し、企業の情報システム基盤の管理負担を軽減するサービス「Vario Network Security Suite」のOEM提供を4月13日に開始した。

「Vario Network Security Suite」をOEM提供

 USEN ICT Solutionsは、「USEN GATE 02」を通じて、中小企業から大手企業までのさまざまな業種の企業に対し、多様な法人向けICTソリューションを提供している。今回、Vario Network Security Suiteを、USEN GATE 02から「LANウォッチャー」として販売し、企業の情報システム部門に向けた「ネットワーク資産情報の可視化機能」「脆弱性管理機能」「デバイス管理機能」を実現するサービスを提供する。

 これにより、ネットワーク内のPC、サーバーなどの端末情報の可視化と、クラウド上の独自データベースとの連携による脆弱性の把握や端末管理に対応し、属人的な対応が求められた従来のIT資産管理手法を、サービスによる効率的な運用管理へと移行を促進する。

 バリオセキュアでは、USEN GATE 02 LANウォッチャーを活用したIT運用管理基盤サポートをサービスにより推進することで、USEN ICT Solutionsの幅広い顧客に向けたIT支援を強化していく考え。