バリオセキュア(稲見吉彦社長)は4月1日、情報システム部門の人材不足やシステムインフラに潜むセキュリティリスクの拡大を受け、“情シス as a サービス”構想のもと、企業情報システムインフラを支援するサービス展開を開始すると発表した。第一弾として、企業内に点在するネットワークデバイスに焦点を当てたサービス「Vario Network Security Suite(VNSS)」の販売を4月1日に開始した。

Vario Network Security Suite

 VNSSは、昨今の通信環境やデバイスの進化・多様化により対応負担が増加する企業の情報システム部門に対し、「ネットワーク資産情報の可視化機能」「脆弱性管理機能」「デバイス管理機能」を連携し、企業の「IT資産運用管理・リスク発見」パッケージとして統合したサービス。

 ネットワーク内に専用端末「VNSS One」を設置することで、ネットワーク内のPC、サーバーなどの端末情報の可視化と、クラウド上の独自データベースとの連携による脆弱性の把握や端末管理が可能となり、属人的な対応が求められた従来のIT資産管理を、サービスによる効率的な運用管理へと移行する。

 専用端末によりネットワーク全体をスキャンする仕組みによって、社内利用が許可されていない未登録端末の特定が可能となり、セキュリティ面での強化を図ることができる。また、サービスで提供するIT資産管理台帳は、自動的に取得した端末情報以外に、オフライン端末などを手動登録することができるため、社内のIT資産を一括して把握する仕組みとしての利用が可能となる。

 バリオセキュアでは、VNSSによるIT運用管理基盤をサポートするサービスの強化を進め、同社の掲げる情シス as a サービス構想の実現を目指す。