オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は4月22日、個別原価管理を実現する機能をクラウド会計システム「勘定奉行クラウド」に追加し、プロジェクト収支を素早く把握できる「勘定奉行クラウド[個別原価管理編]」を4月27日に発売すると発表した。

費目ごとに細分化された仕訳伝票をかんたん自動化

 勘定奉行クラウド[個別原価管理編]は、個別原価管理業務の「データの入力作業」に着目し、Excelなどで管理されているプロジェクトごとの直接原価の情報を利用して仕訳伝票の起票を自動化できる機能を搭載。Excelデータを取り込むだけで仕訳を自動起票することができる。現場で管理しているプロジェクトごとの直接原価のExcelデータなどを活用することで、原価管理を行ううえで面倒な細分化された仕訳の入力作業を自動化できる。

 また、プロジェクトの間接費を按分する際の配賦作業をわずか数クリックで完了できる。複数の配賦基準で行う配賦作業も一括で行うことができるため、瞬時に正確な原価集計が行える。

 基本的なプロジェクト台帳はもとより、一覧表・集計表・推移表など豊富な分析資料を用意している。さまざまな角度で分析しながら、不採算プロジェクトの早期把握につなげることができる。

 税別価格は初期費用が5万円から、年間利用料が1ライセンス26万円から。