キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、坂田正弘社長)は、オフィス複合機と連携するテレワーク環境構築の支援サービスを5月20日から3カ月間無償提供すると発表した。

支援サービス概要

 近年増加するテレワークやモバイルワークでは、これまで紙文書で行っていた業務ワークフローや文書データの共有が企業の課題となっている。そこで今回、キヤノンMJでは、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」を活用した紙文書のデータ化やクラウドストレージとの連携、受信したFAXの電子化など、テレワークを効率化するサービスを3カ月間無償提供し、企業のセキュアなテレワーク環境の構築を支援する。

 無償提供するサービスは、「imageWARE Desktop Version 4」1ライセンスと、「HOME type-S2」スターティングパック。申込期間は5月20日から6月30日まで。

 具体的なサービス内容としては、複合機からスキャンした紙文書や、受信したファクス文書をクラウドストレージサービス「HOME type-S2」にパソコンを経由することなくクラウド上に安全に格納することができる。インターネットを通じてオフィス内はもとより、外出先や自宅からでも、様々な文書へのアクセスが可能となり、場所に限定されない働き方の構築を支援する。

 また、ドキュメントツール「imageWARE Desktop」を利用して、HOME type-S2に保存した文書の閲覧・編集・印刷を行うことができる。ファイル名編集などの基本的な操作に加え、PDFファイルにも注釈を付与し紙文書のような備忘録や伝達事項の記載を行うことで、電子化した紙文書を介してテレワークやモバイルワークの利用者との情報共有と利活用を推進する。

 さらに、複数のフォーマットの資料を1つに束ね、両面・製本・集約印刷等の印刷設定も含めて保存することができるため、あらかじめ在宅勤務時などに会議配布用の事前準備を行うことで、オフィス出社時の業務効率化にも貢献する。

 imageRUNNER ADVANCEでは、オフィス不在時のファクス受信時の電子化やファクス番号による各フォルダーへの自動振り分けが可能。普段利用していない拠点へ出社した場合でも、クラウドサービスに印刷したい文書をメール送信することによって、近くにある複合機から印刷することができる。また、訪問拠点ごとのプリンタドライバの再設定が不要となり、シームレスな印刷環境を提供する。これらの様々なシーンで働き方改革の支援と提案をあわせて実施する。