その他

キヤノンMJ メールフィルタリングのクラウドシフト進む 「Office 365」「G Suite」対応に軸足

2020/04/02 09:00

週刊BCN 2020年03月30日vol.1819掲載

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、坂田正弘社長)は4月1日にクラウド型メール情報漏えい対策サービス「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」をリリースする。マイクロソフトの「Office 365」やグーグルの「G Suite」のメール機能を補完することに特化した製品で、ここに開発リソースを集中投下して競争力を高め、メールフィルタリング市場におけるさらなるシェア拡大を目指す。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

キヤノンMJ、メール情報漏えい防止のクラウドサービス

キヤノンMJ、2019年度決算は減収増益、ITソリューション好調でカメラの不調をカバー

外部リンク

キヤノンマーケティングジャパン=https://cweb.canon.jp/corporate/

おすすめ記事