コニカミノルタジャパン(大須賀健社長)は5月25日、複合機とサーバーを統合し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「Workplace Hub Smart(ワークプレイス ハブスマート)」を5月29日に発売すると発表した。価格はオープン。

Workplace Hub Smart本体(左)にサーバーを搭載

 Workplace Hub Smartは、ドキュメント情報が集中する複合機とサーバーを一体型にすることで、複合機の機能とITサービス、IT保守・運用をシームレスに統合したオールインワンサービス。複合機の利用情報は、Workplace Hubプラットフォーム上でWorkplace Hubアプリケーションと統合管理される。また、これまで複数のサーバー機器で管理していたオンプレミス型アプリケーションを、3つのWindowsの仮想マシン(Virtual Machine)を搭載することで、最大3つ同時に稼働することができる。これにより、サーバー機器を追加で用意することなく、複合機を設置するスペースがあれば、最新IT環境を導入することができる。

 統合した複合機に搭載するIWS(Internal Web Server)により、クラウドサービスを利用することが可能。複合機と連携するクラウドサービスは、クラウド上の保管場所から印刷したり、スキャンした文書をクラウドに直接アップロードしたりすることができ、場所に縛られない働き方を実現する。また、すべての業務をネット環境へアクセスできず、オンプレミスが欠かせない業種や、同じ環境にある複合機で、連携したクラウドサービスを利用することによりシームレスにつながるなど、環境や要件にあわせて、クラウドとオンプレミスを柔軟な組み合わせで利用することができる。

 さらに、Workplace Hubプラットフォームでは、オンプレミスとクラウドのハイブリッドクラウド環境を構築しており、遠隔監視・遠隔保守、従量課金システムに対応したWorkplace Hub PlatformReadyアプリケーションを利用することが可能。このプラットフォームは、オープンプラットフォームであり、アプリケーションベンダーやシステムインテグレーターなどの企業との協創や実証実験を通じて、顧客ごとの課題解決支援に向けた新しい価値の創出に取り組んでいく。

 Workplace Hubでは建築、物流、流通などのさまざまな業種でビジネスの現場(エッジ)を起点に各種計測機器から得られる高品質なデータを収集し、それをもとにデータを解析、「見える化」することで顧客の意思決定プロセスの支援を目指していく。また、Workplace Hubで得られるエッジデータに加え、iシリーズの複合機を起点に各種クラウドサービスと連携したデータも同様に分析・解析することが可能。人とナレッジをつなぐデータ連携、分析、利活用まで拡大することで、いつでもどこでも誰とでも価値創造ができる、あらゆるワークプレイスの「未来の『はたらく』をデザイン」していく。