ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は6月1日、会計事務所向けERPシステム「ACELINK NX-Pro」と、中堅・中小企業向け税務申告システム「MJS税務 NX-Plus」について、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策での各種税制上の措置への対応を進めていくと発表した。適用の際に必要となる申請・届出書の作成や、適切な税額計算による税務申告書類などの作成と電子申告・申請を支援する。


 現在、新型コロナウイルス感染症とそのまん延防止のための措置の影響により、収入が減少し納税が困難といった厳しい状況に置かれている納税者に対し、緊急経済対策としてさまざまな税制上の措置が講じられている。

 こうしたなか、MJSでは、ACELINK NX-ProとMJS税務 NX-Plusで、まず、「納税の猶予制度の特例」など、事業者にとって緊急を要する措置について即時に対応し、電子申請を可能とした。今後、その他の措置にも迅速に対応する予定。

 これにより、会計事務所と企業が各種税制上の措置について適用を受ける際に必要となる申請・届出書や税務申告書を迅速に用意することができ、スムーズに手続きを進めることが可能となる。

 なお、MJSの子会社であるビズオーシャン(是枝周樹社長)が運営するビジネス情報サイト「bizocean」で、新型コロナウイルスに関する国や政府、各自治体の補助金・助成金・融資など各種支援制度について紹介する特設ページ「新型コロナ助成金特集」を公開しているほか、MJSのコーポレートサイトでも新型コロナウイルス感染症関連情報として、「政府各機関等の支援策一覧」を掲載している。

 MJSグループは、今後も各種支援策の追加・変更に対し機能や情報のアップデートを行い、全国の会計事務所とその顧問先企業、そして中堅・中小企業の事業継続を支援していく考え。