英Armの日本法人であるトレジャーデータ(Arm Treasure Data、内海弦代表取締役)は6月2日、Armのカスタマーデータプラットフォームを活用して顧客企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を支援する既存/新規のパートナー企業を対象に、従来のパートナー制度を刷新・強化した新プログラム「Arm Treasure Data Partner Certification Program」を開始したと発表した。

従来のパートナー制度を刷新・強化した新プログラム
「Arm Treasure Data Partner Certification Program」概要

 新しいパートナープログラムでは、「Arm Treasure Data CDP」を活用したビジネスを推進するパートナー企業に対し、技術支援や営業支援、トレーニング、共同マーケティングなどを通じた総合的なサポートを提供する。

 また、4月に提供を開始したトレーニングサービス「Treasure Academy for CDP Masters(トレジャーアカデミー)」の認定制度とも連動し、トレジャーアカデミーの認定者数や導入事例数などを指標として公式パートナーのランクを認定、各ランクに応じたメリットを段階的に提供する。これにより、パートナー企業ごとに異なるニーズにも包括的に対応し、スピーディーに高い品質のサポートを実現する。

 新パートナープログラムは、「マスターパートナープログラム」と「テクノロジーパートナープログラム」の2つを用意。マスターパートナープログラムは、Arm Treasure Data CDPを活用したシステムの提案や導入支援、コンサルティング、技術サポートなどを行うパートナー企業を対象としている。一方、テクノロジーパートナープログラムは、自社製品・サービスとArm Treasure Data CDPを組み合わせたソリューションを提供するパートナー企業を対象に、システム連携のためのコネクタの開発支援を行うプログラムとなっている。

 Arm Treasure Dataでは、これらの取り組みを通じてパートナー企業とともにエコシステムを拡大することで、パートナー企業のビジネス拡大を支援するとともに、顧客企業の課題解決に貢献していく考え。