電通(山本敏博社長)と電通デジタル(鈴木禎久社長)は12月18日、独自の統合マーケティングプラットフォーム「People DrivenDMP」と、アドビシステムズ、トレジャーデータ(Arm Treasure Data)、サイバー・コミュニケーションズ、セールスフォース・ドットコムなどのさまざまなマーケティングプラットフォーム提供企業のDMPやマーケティングクラウド、データマーケットプレイスを連携し、データの活用機会を拡大するデータ連携ソリューション「People Driven DMP X(クロス)」の提供を開始すると発表した。


 個人情報を含むデータの取り扱いの厳格化が進むなか、日本国内でもさまざまなマーケティングプラットフォームが、安全性の高い環境下でデータの流通を可能にするデータマーケットプレイスのサービス提供を開始している。通常、こうしたデータマーケットプレイスを活用するためには、各プラットフォームとの個別のデータ連携が必要となるが、PeopleDriven DMP Xの仕組みを活用することで、簡単・スピーディに複数のマーケティングプラットフォームにアクセスすることが可能となる。

 これによって顧客企業は、自社が保有するデータ(1stパーティーデータ)と、People DrivenDMPや多様なデータマーケットプレイスが提供するデータ(3rdパーティーデータ)はもとより、マーケットプレイスに参画する特定企業のデータ(2ndパーティーデータ)との連携や交換も行えるようになる。

 こうしたデータの活用には、エンドユーザーから十分で明示的な許諾を取ることや、顧客企業から預かったデータを適切に取り扱うことが前提となる。同社グループは、法令に準拠した顧客企業のマーケティングをサポートする知見の高度化と環境整備を進めるとともに、統合マーケティングの高度化に向けて、People Driven DMPのアライアンスを通じ、「People Driven Marketing」の強化を推進していく考え。

 なお、People Driven DMP Xの提供にあたっては、電通がマーケティングプラットフォームとのデータ連携を行い、電通デジタルが顧客企業へのマーケティングシステム導入と広告設計・配信、CRMの運用サポートを行っていく。