キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、坂田正弘社長)は6月4日、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、LTEを搭載し屋内外で電源があればすぐに使用できるネットワークカメラ向けクラウド録画サービス「VisualStage GO」を6月19日から提供すると発表した。

監視カメラに加え、クラウド録画とLTEルーターをパッケージ化

 VisualStage GOは、屋外監視に必要なカメラとクラウド録画プラン、LTEルータをパッケージにしたクラウド録画サービス。電源を入れるだけですぐに録画、映像確認が始められるサービスのため、ネットワーク環境が用意できなくても、高精細な映像録画サービスを提供する。さらに、設置先を定期的に移動したいなどの運用ニーズにも応える。

 クラウド録画プランは、高画質・高セキュリティ・低価格の「VisualStage Type-S」を採用。また、シェア機能、ムービークリップ、検知通知機能、動画のダウンロードなど便利な機能を簡単な操作で利用できる。さらに、「ライブ映像配信」オプションにより、YouTubeでのリアルタイム映像配信も可能となる。

 税別価格は、VisualStage GO 固定カメラキットが初期料金17万9600円、VisualStage GO PTZカメラキットが初期料金29万1800円。利用料金は、30日間録画プランが月額7800円、60日間録画プランが月額8300円、90日間録画プランが月額8800円、180日間録画プランが月額1万300円、360日間録画プランが月額1万2800円。

 なお、新型コロナウイルス感染症対策支援を目的としたキャンペーンとして、月額利用料金を最長2カ月間、無償で提供する。