日立製作所(日立)は6月18日、企業のグローバルIoTビジネスの展開を支援するIoT活用サービス「Hitachi Global Data Integration」を体系化し、6月30日に販売を開始すると発表した。

「Hitachi Global Data Integration」概要図

 新サービスは、IoT技術を活用しグローバルでの事業展開を見据える企業向けに、通信回線の準備や回線管理のほか、データの収集・蓄積、利活用のためのシステム環境の提供とその運用などモノからデータを収集し利活用する一連の基盤機能を、サブスクリプション型のサービス形態で提供するもの。

 グローバル環境下でのデータの利活用のための仕組みを、初期費用を抑え手軽にスモールスタートできるサービスメニューとして一括提供することで、製品や設備をグローバルに出荷する製造業をはじめ、さまざまな産業分野でグローバル市場でのIoT技術の活用によるさらなる事業強化を支援する。

 具体的には、国や地域を越えてIoT技術の利活用で必要となる回線管理を行う「回線接続サービス」、グローバルにデータの収集と蓄積を行うクラウド型の「データ収集・蓄積サービス」、データレイクに蓄積した稼働情報などを可視化する「データ利活用ソリューション」で構成されている。

 また、これらのサービスは、サブスクリプション型のサービス提供形態により、初期費用を抑え、IoT技術の活用に必要となるシステム基盤の開発・運用コストや負荷を軽減する。回線管理から利活用までの一連のシステム環境を提供できるため、手軽なPoCの環境立ち上げやIoTを活用した事業検討を支援する。

 なお、同サービスは、長年蓄積してきたOTのノウハウと、AIなどの先端のデジタル技術を活用し、顧客のデジタルイノベーションを加速するLumadaソリューションを迅速・容易に導入できる「Lumada Solution Hub」から提供する。