さくらインターネットは、インターネット環境から電子サインを行い、契約プロセスを電子化できる「電子契約プラットフォームβ」をLab(ラボ)プロダクトとして6月24日に提供を開始した。

「電子契約プラットフォームβ」で実現する押印プロセス

 電子契約プラットフォームβは、ウェブブラウザーから簡単に利用可能な電子契約のプラットフォーム。これにより従来契約時に用いられてきた紙媒体への押印・発送、法令上必要な収入印紙の貼付などの業務が不要となる。PDFファイルをクラウド上に保存・管理するため、自宅や外出先など場所を選ばずに利用することが可能。また、PDFファイルの電子署名技術により、詐称・改ざんを防止するため、安心して利用することができる。

 日本の商慣習に浸透する紙媒体と印鑑を用いる契約業務は、企業が推進するリモートワーク導入の大きなボトルネックとなっていた。今回の電子契約プラットフォームβを導入することで、セキュアな状態で場所を問わず電子契約を行うことが可能となり、リモートワークの課題を解決する。

 なお、β版提供期間中は無料で利用することができる。