ニュース

オンラインでハンコを完結、さくらインターネットが契約プラットフォーム

2020/06/25 17:05

 さくらインターネットは、インターネット環境から電子サインを行い、契約プロセスを電子化できる「電子契約プラットフォームβ」をLab(ラボ)プロダクトとして6月24日に提供を開始した。

「電子契約プラットフォームβ」で実現する押印プロセス

 電子契約プラットフォームβは、ウェブブラウザーから簡単に利用可能な電子契約のプラットフォーム。これにより従来契約時に用いられてきた紙媒体への押印・発送、法令上必要な収入印紙の貼付などの業務が不要となる。PDFファイルをクラウド上に保存・管理するため、自宅や外出先など場所を選ばずに利用することが可能。また、PDFファイルの電子署名技術により、詐称・改ざんを防止するため、安心して利用することができる。

 日本の商慣習に浸透する紙媒体と印鑑を用いる契約業務は、企業が推進するリモートワーク導入の大きなボトルネックとなっていた。今回の電子契約プラットフォームβを導入することで、セキュアな状態で場所を問わず電子契約を行うことが可能となり、リモートワークの課題を解決する。

 なお、β版提供期間中は無料で利用することができる。
  • 1

関連記事

さくらインターネット、総回線容量を1.56Tbpsに増強、昨年比3倍増の通信量に対応

さくらインターネット、気象庁の衛星画像データ配信に商用サービスを提供

世界最速クラスのハードウェア時刻同期サーバー開発、さくらインターネット

外部リンク

さくらインターネット=https://www.sakura.ad.jp/corporate/

「電子契約プラットフォームβ」=https://www.sakura.ad.jp/e-contract-platform/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>