さくらインターネット(田中邦裕社長)は4月23日、データセンターを支える基幹ネットワークであるバックボーンネットワークについて、対外接続と拠点間接続の回線を増強したと発表した。

さくらインターネットのバックボーンネットワークマップ

 同社は、石狩(北海道)、東新宿・西新宿・代官山(いずれも東京)、堂島(大阪)の自社運営のデータセンター5拠点で、インターネットインフラサービスを提供している。国内最大級の規模となるバックボーンネットワークは、日本国内の代表的なIXや数多くの大手ISPと北海道・東京・大阪で接続を行い、高い可用性とトラフィック配信能力を実現している。今回、19年3月から今年3月にかけて、トランジットとIXの増強を行い、対外接続を520Gbps増強し、総回線容量が1.56Tbpsとなった。

 国内大手IXの日本インターネットエクスチェンジ(JPIX)が提供するトラフィックグラフによると、4月は同年2月と比較し30%トラフィックが増加している。このトラフィック増加ペースは、昨年の約3倍となっている。

 さくらインターネットは、こうした状況に対応し、今後も継続してバックボーンネットワークの強化を図り、顧客がより安心して利用できるインターネットインフラサービスの提供に注力していく方針。