日本マイクロソフトは7月15日、現在の新型コロナウイルス感染症の環境下での新しい学習環境の整備を支援するため、1人1台の学習者用端末の導入とキッティングのコストと工数を大幅に軽減した無償の端末展開支援サービス「GIGAスクール Windows PC導入展開パック」を、Microsoft 365 Education GIGA Promo(GIGA Promo)とGIGAスクール対応PCを導入する顧客を対象に、パートナー企業と連携して提供を開始した。

「GIGA スクールパッケージ」パートナー向けWebページ

 GIGAスクール Windows PC導入展開パックでは、日本マイクロソフトが「クラウド展開センター」を設置し、全国の教育委員会の要望に合わせて児童・生徒に必要な初期アカウントをGIGA Promoに含まれるAzure Active Directory上に無償で作成するとともに、Microsoft Teamsを活用したリモート支援を行う。

 また、端末管理ツール(MDM)である、GIGA Promoに含まれるIntune for Educationに対してMDMの初期設定を無償で実施する。これにより、各地現場で実際に作業にあたる人的リソースと工数を削減し、端末導入展開作業をサポートする。

 販売パートナー企業とデバイスメーカー各社は、Azure Active Directoryへの端末の登録や校内で利用されるWi-Fi設定など、学習者用端末に対する設定ファイルを作成する。初期設定ファイルを書き込んだUSBメモリを挿入し、端末の電源をONにするだけで各種の設定を自動で行えるようになる。

 さらに、デバイスメーカー各社は、Windows 10はサポート期間中の機能更新プログラム(最新のバージョンを含む)が適用された形で、さらにMicrosoft 365 Apps(旧 Office 365 ProPlus)もすでにインストールされた端末モデルを用意する。これにより、導入時のアプリケーションの更新・インストール時間を大幅に削減することが可能となる。