クオリティアは8月4日、エアネットが販売するクラウド型メールソリューション「All in One メール Pro」のウェブメール機能(Active!mail)に、「国別経路情報表示オプション」の提供を8月1日に開始したと発表した。

国別経路情報表示機能

 ALL in One メール Proは、システム障害に強い堅牢なメールサーバー基盤に加えて、企業でのメール運用に必要不可欠な様々なセキュリティ対策をワンストップで利用することができるソリューション。同サービスのウェブメール機能には、クオリティアのActive!mailが採用されており、8月からオプションとして「国別経路情報表示機能」を追加することが可能となった。

 国別経路情報表示機能では、Received Headerの情報からメールが経由してきたサーバーのIPアドレスを抜き出して国旗で表示する。なりすましや標的型攻撃メールは攻撃の足跡を残さないよう複数の国を経由して着弾することが多いため、誰でも一目でわかる“国旗”によって可視化することで、ユーザーのITリテラシーに依存せず怪しいメールであるかどうかの気づきを促すことができる。

 テレワーク導入が進む昨今、標的型攻撃メールに対しユーザー自身の防衛力を高めることが重要となっている。国別経路情報表示機能を利用することで、直観的にユーザーの警戒心を強め不用意な添付ファイルの展開やリンクのクリックを防止できる。