米レノボは、顧客企業が変化するビジネスニーズへ柔軟に対応できるようサポートするため、新しくアップデートされた一連のハイパーコンバージド・インフラストラクチャー(HCI)ソリューションと「Lenovo Cloud Services」を発表した。

HCIソリューションと「Lenovo Cloud Services」のWebページ
 
 リモートワークが「ニュースマートノーマル」となるなか、企業はハイブリッドクラウド戦略を採用し、自社のデータセンター・インフラストラクチャーを最新化する必要がある。今回、レノボは、Nutanix、Microsoft、VMWareとのパートナーシップを通じ、HCIソリューションでオープンなプラットフォームを実現することで、こうしたニーズに対応する。また、Lenovo XClarityを通じ、SDI(Software Defined Infrastracture)システムの管理機能を拡大する。

 具体的には、NutanixとAMDとの協業を通じて、AMD EPYCプロセッサー搭載の新型「Lenovo ThinkAgile HX HCI」ソリューションを発表した。同製品により、サーバー数を最大50%抑えつつ、仮想デスクトップ・ワークロードを実行し、これまでと同じパフォーマンスを維持できる。

 Lenovo ThinkAgile HXの2ソケットAMD製品は、アプリケーション・ニーズに応じて広範なコア数を実現(2.3倍以上)、ユニットあたり2基のGPUを搭載し、メモリ帯域幅は45%拡大するなど、仮想化やVDI統合に関して傑出したパフォーマンスを発揮する。工場出荷時にインストール済みのNutanixソフトウェアは、マルチクラウドの採用を継続する顧客企業を対象に、より高い柔軟性をもたらす。シンプルな運用、ワークロード密度の向上、データ保護機能の強化、異なるクラウドを横断したシームレスなアプリケーションによって、真のハイブリッド・アーキテクチャーを実現する。同製品は、アプライアンスまた認証ノードとして、11月下旬の提供を計画している。

 また、Microsoftとの協業を通じて、ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャーの迅速な導入を可能にする新型「Lenovo ThinkAgile MX Azure Stack HCI Edge/Data Center Solutions」を発表した。同製品は、Azure Stack HCIへのワンストップ・ショップとして機能し、エッジからコア、そしてクラウドまでを対象に、Azureサービスの容易な導入、管理、拡張を実現する。さらにレノボは、Azure Stack HCIとAzure Stack Hubに関し、従量課金制で提供する予定。

 VMwareとの協業を通じて、SAP HANAデータベース環境の俊敏性と信頼性を向上する新型「Lenovo ThinkAgile VX HCI Solutions」を発表した。同製品は、4S認証ノードを採用しており、顧客企業はハイエンド・データベース・ソリューションとSAP HANA向けに自社のインフラストラクチャーを最新化できる。この結果、Lenovo XClarity Managementソフトウェアと新しいvSphere Lifecycle Manager(vLCM)ツールの統合により、vSAN環境では俊敏性の向上とライフサイクル管理の簡素化を実現できる。今月中の提供を予定している。

 さらに、「Lenovo OEM ON DEMAND」プログラムによって、ISVパートナーは、それぞれ自社のブランドを通じ、ターンキー型・統合型のITインフラストラクチャー・ソリューションを市場展開できる。レノボの提供するオープンで信頼性の高いセキュアなThinkSystemプラットフォームと、エンジニアリング、製造、サプライチェーンに関する高度な専門知識が組み合わさることで、こうしたソリューションをISVのために統合・提供することが可能となる。

 今回、Diamantiとのコラボレーションにより、レノボのThinkSystemサーバーを搭載した「Diamanti SR630」ソリューションの提供を発表した。Diamantiは、Kubernetesの迅速な導入と、ハイブリッドクラウド環境を対象とした、コンテナ化されたアプリケーションの実行を専門としている。Diamanti SR630を使用することで、高性能の演算リソース、プラグ・アンド・プレイのネットワーキング機能、永続的ストレージ、Docker、Kubernetesを強力でシンプルなフルスタック・ソリューションに統合し、コンテナとKubernetesの包括的なソリューションを迅速に導入することができる。