本田技研工業(ホンダ)は9月24日、ビジネスシーンで活躍する二輪車に車載通信機を取り付けることで、業務運用上の各種動態管理を可能とする二輪車用コネクテッドサービス「Honda FLEET MANAGEMENT(ホンダ フリートマネジメント)」を10月1日に法人企業向けに開始すると発表した。

「Honda FLEET MANAGEMENT」のロゴマーク

 Honda FLEET MANAGEMENTは、業務運用での二輪車の位置情報をはじめ、加速・減速などの運転状況、訪問地点や走行距離などを記録し日報を自動作成するほか、あらかじめ登録した地点への接近・到着を管理者にメールで通知する機能などを備えた二輪車用コネクテッドサービス。日常業務での二輪車の稼働状況をリアルタイムに把握し、取得・蓄積したデータをビジネスユース二輪車のより効率的な運用に活用できるとともに、乗務員の安全運転啓発にも役立てることができる。

 利用料金は、1年契約で月額2200円/台、2年契約で月額1980円/台、3年契約で月額1870円/台、4年契約で月額1760円/台。

 同社では、このサービスを通じ、ビジネスに二輪車を導入している法人企業のさらなる業務効率化を支援するとともに、業務スタッフの負荷軽減と労働環境、安全面の向上に貢献していく考え。