ビーブレイクシステムズは、フジミック新潟の新基幹業務システムにクラウドERP「MA-EYES」の採用が決定し、本稼働に向けた取り組みを進めていると発表した。

 フジミック新潟は、フジサンケイグループの一員として、放送関連システムなどの業務アプリケーション開発にとどまらず、IoT、AIなどのICT分野で、常に「技術革新への挑戦」をし続けるトータルソリューションサービス会社。

 同社では、これまで財務会計、グループウェア、出退勤管理、経費管理、請求管理などの個別システムを都度必要に応じて導入し、また、案件管理やプロジェクト管理についてはExcelで対応していたため、複数システムとExcelへの重複入力やデータの整合性チェックなどに時間が割かれていた。また、経営レポートを作成する際も個別システムとExcelからデータを抽出、集計、加工などに非常に手間がかかっている状況だった。これらの業務を改善するために統合的なシステムの導入を検討することとした。

 検討の結果、ビーブレイクシステムズのMA-EYESは、経理を含む業務全般を統合的にカバーし、システム・情報の一元化が実現できると考え、採用を決定した。一元化により多重入力の抑制、経営レポートの適時出力、柔軟なワークフロー設定による稟議の時間短縮などが実現され、業務の効率化・利益向上に貢献することを期待している。

 ビーブレイクシステムズは、これからもITの力で顧客の経営課題を解決し、生産性の向上を支援していく方針。