ビーブレイクシステムズは、「クラウドワークフローシステムMA-EYES」を7月2日に発売した。


 クラウドワークフローシステムMA-EYESは、企業の業務全般を支援するクラウドERP「MA-EYES」の機能群の中から、ワークフローやグループウェアの機能を切り出し、ワークフローシステムを簡単に短期間で構築できるシステム。主な機能として、アラート、申請・承認、ワークフロー、スケジュール、施設予約、文書管理を提供する。

 これにより、稟議書や回覧書など社内文書を電子化することで業務のスピードアップを実現するとともに、記入ミスや文書の紛失を防止する。また、アラート機能により申請や承認の漏れを防ぐことができる。

 多段階承認や代理承認、条件分岐などニーズにあった承認プロセスを実現。プログラム開発の知識は不要で、ドラッグ&ドロップで申請画面項目を顧客自身で設定することができる。標準的な業務フローがシステムに組み込まれているため、顧客が自分で手順書やマニュアルを見ながら設定することで、すぐに利用を開始することができる。

 価格は初期導入費用3万円、月額1万5000円から。