NTTデータ先端技術は、バックオフィス業務の自動化、効率化に向けた先進自然言語処理ソリューション「PhroneCore(プロネコア)」の提供を12月から開始する。

PhroneCore(プロネコア)のソフトウエア構成図

 PhroneCoreは、バックオフィス業務に必要となる文書分類、知識読解、自動要約など様々な言語理解が可能な各種AI機能を備え、必要に応じた機能のみを組み合わせて活用することで、コストを抑えながら業務への迅速なAI適用を実現する。

 PhroneCoreでは、文脈を理解することができる最新の自然言語処理技術「BERT」を活用しており、少ない学習データでも高精度な文書理解が可能で、営業日報や請求書等の内容分析、文書の整合性やリスクチェックなど幅広いバックオフィス業務の自動化・効率化を実現する。

 また、文書の知識化を半自動化する技術「知識グラフ」を活用することで、人の視点と同じように意味や関係性を認識させ、従来の機械学習では実現できなかった“AIの回答に対する説明(XAI)”が可能となる。これにより、AIが出した結果のブラックボックス化にも対応し、業務の効率化だけにとどまらず、業務品質の向上や人材育成の促進も図ることができる。

 NTTデータ先端技術では今後、幅広い業種にPhroneCoreを提供していくことで、26年3月末までに50ライセンスの販売を目指す。