NTTデータ先端技術(青木弘之社長)は、クラウド化を検討している顧客に向けて「Deep Security監視サービス」の提供を1月17日に開始した。

「Deep Security監視サービス」の概要図

 Deep Security監視サービスは、トレンドマイクロの総合サーバーセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」で顧客システムのセキュリティログを収集し、同社独自の脅威情報データベースを備えた分析エンジン「IntellilinkARGUS(インテリリンクアルゴス)」でリアルタイム分析を実施するサービス。豊富な知識をもつセキュリティスペシャリストが24時間365日体制で監視を行い、危険な通信を素早く正確に特定する。

 オンプレミス・クラウド環境を問わずサーバー群の総合監視が可能なTrend Micro Deep Securityの導入や、IntellilinkARGUSを用いた高度な分析・監視、インシデント発生時の適切な対応アドバイスまで、同社が一元的に支援するため、顧客は監視を行いたいシステムを指定するだけで、特定が難しい脅威の検知から、万が一インシデントが発生した際の迅速な対応が可能となる。

 これにより、クラウド移行後もオンプレミス環境と同等の高度なセキュリティレベルを確保でき、安心してデジタル化を推進することができる。

 同社では今後、Deep Security監視サービスを25年までに100社、1万台に対して提供することを目標としている。